太陽光発電で電気料の負担減が可能=IFC

世界銀行グループの国際金融公社(IFC)は、ミャンマーの企業や商業施設などは、太陽光発電を導入することで電気料金の負担を軽減することができるとの見解を示した。同国では7月に電気料金の値上げが実施され、事業者らは節電対策に追われている。ミャンマー・タイムズ(電子…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 電機電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

バス廃車による自家用車輸入、115件が許可(12/06)

中国への輸出依存度が大幅減 18年度は30%、日米などに多様化(12/06)

アジアの20年昇給率4.9%に鈍化、NNA調査(12/06)

東光電気が現法、電力消費増に伴い商機拡大(12/06)

商業税の納税額、給油所運営デンコがトップ(12/06)

不動産市場の軟調続く、減税も効果薄く(12/06)

国会、児童労働撤廃へILO条約批准を承認(12/06)

改正印紙法が可決、税滞納の罰金が軽減(12/06)

地場シーライオン、ラカインでリゾート計画(12/06)

モン族勢力、総選挙開催には協力へ(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン