政府が5G整備促進で減税へ、中国製除外も議論

【共同】政府が次期通信規格の第5世代(5G)移動通信システムの普及を促すため、通信網整備を前倒しする企業の法人税や固定資産税を減税する方向で検討に入ったことが15日、分かった。2020年度の与党税制改正大綱に盛り込むことを目指す。安全保障上の観点から中国製品を使う企…

関連国・地域: 中国日本
関連業種: IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

【アジアの本棚】『もっとさいはての中国』(12/12)

テイクオフ:日本の通信キャリアに勤…(12/12)

ブランド構築へ、3代目の挑戦 台湾・繊維イノベーション(2)(12/12)

モスバーガーが植物肉発売 大手チェーン初、他国も視野(12/12)

発電用パーム油を日本へ輸出 来年から年30万トン、3社が覚書(12/12)

【アジメシ】 シンガポールの若手クリエーター 老舗アワビ料理に舌鼓(12/12)

新興予防医療が展開拡大 来年は日本へ、三井物産支援受け(12/12)

村田製作所がデータビジネス 首都で交通量測定、商用化へ(12/12)

トヨタ、11月の販売数は11%減の6600台(12/12)

西部ガス、来年にタイ事務所を開設へ(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン