• 印刷する

ゴジェック、「二輪配車の参入容易でない」

インドネシアの配車アプリ大手ゴジェックは、来年に予定するマレーシア市場への参入について、「二輪車の配車サービスを展開するのは容易ではない」との見方を示している。同国でバイクタクシーに乗る習慣がないことが最大の理由。18日付ニュー・ストレーツ・タイムズが伝えた。

ゴジェックの運輸部門を統括するラディチャ・ウィボウォ氏によると、現在はマレーシア政府の承認を受けて、試験運用の準備を進めている段階。来年初めから6カ月間、首都クアラルンプールで二輪車配車サービスの実現可能性を探る「概念実証(PoC)」を実施する予定だ。

ラディチャ氏は、既にゴジェックが事業展開しているベトナムやタイと異なり、マレーシアではバイクタクシーを使う習慣がないと指摘。「バイクタクシーに初めて乗るのは怖い経験なので、受け入れてもらうためには何らかの対策が必要になる」と話している。

同サービスの認可などについては「道路交通法1987年」「商用車免許法」「陸路公共交通法2010年」で規定されている。


関連国・地域: マレーシアインドネシア
関連業種: 運輸IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

マレーシアとの出入国制限、8月10日に緩和(22:21)

株式の取引停止条件改定、半年ぶり高値に(22:48)

ペナン空港の貨物輸出量、1~5月は10%減(22:48)

テイクオフ:総合病院で2科続けて受…(07/14)

景気低迷で低価格小型車人気 国民車プロトンがシェア拡大か(07/14)

プロドゥア車、3~5月のネット検索で首位(07/14)

RM1=25.1円、$1=4.27RM(13日)(07/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン