• 印刷する

洪水防止の調整池が来月中旬完成、バンドン

インドネシア西ジャワ州のリドワン・カミル知事は16日、バンドン県北部のチタルム川上流付近で建設を進めている調整池「ナンジュン・トンネル」が来月中旬に完成すると発表した。来年1月から利用を開始する。チタルム川の氾濫による洪水を防止する。

調整池は直径8メートル、長さ230メートルのトンネル2本から成る。事業費は3,529億ルピア(約27億円)。進捗(しんちょく)率は95%。

リドワン知事によると、同州が今年進めている治水施設建設16事業のうち、ナンジュン・トンネルが最大規模の事業。リドワン知事は「16事業が全て完成すれば、合わせて700ヘクタールの地域が洪水の被害から免れる」と述べた。

ナンジュン・トンネルを視察したリドワン西ジャワ州知事(同州提供)

ナンジュン・トンネルを視察したリドワン西ジャワ州知事(同州提供)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 建設・不動産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

デジタル課税、徴収対象に10社追加(18:51)

統一データポータル構想、標準化など課題(18:39)

首都の企業31社を一時閉鎖 PSBB移行期、従業員感染など(08/07)

財務相、法人予納税の減額率を50%に拡大へ(08/07)

国内でビザ失効、今月20日までの出国義務化(08/07)

イオンBSD店が臨時休業、社員2人が陽性(08/07)

配車ゴジェック、新アプリのサービス開始(08/07)

トヨタがカローラSUV発売、HVタイプも(08/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン