• 印刷する

テイクオフ:政府が地方自治体の首長…

政府が地方自治体の首長を議会が選ぶ間接選挙制に変更することを検討している。住民が選ぶ直接選挙は金権選挙になりやすく、汚職の温床となるというのが理由だという。

庶民派のジョコ・ウィドド大統領は住民の投票でソロ市長(中ジャワ州)に選ばれ政界入りした。間接選挙ならこういうタイプの大統領は誕生していないかもしれない。直接選挙は、国民主権という民主主義の果実。これを獲得するのに多くの血も流れたはずだ。

4月の総選挙で与党が大勝してからインドネシアの民主主義は迷走を始めた。汚職撲滅委員会(KPK)の弱体化につながる法改正、憲法改正の動きもふに落ちない。有力与党や軍の横やりに、大統領が萎縮しているとの印象さえ受ける。ジョコ大統領には、国民に選ばれたという自信を持って踏ん張ってもらいたい。「多様性の中の統一」という国是に向かって。(二)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

国内新規感染者1600人超、東ジャワが急増(07/03)

下期景気、4割が上向き予想 日系企業、制限緩和で底打ち期待(07/03)

西ジャワ首都圏も16日までPSBB延長(07/03)

中銀の金融機関監督権、大統領が復活の意向(07/03)

エネ鉱省、年内の電気料金据え置きを決定(07/03)

ライオン航空が2600人削減、全体の9%(07/03)

ホンダ四輪工場、稼働停止を7月末まで延長(07/03)

5月の二輪車販売台数、96%減の2万台(07/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン