• 印刷する

日立産機、配電用変圧器5600台を受注

日立SEMが製造している配電用変圧器(日立産機システム提供)

日立SEMが製造している配電用変圧器(日立産機システム提供)

日立グループの日立産機システムは18日、ミャンマー電力・エネルギー省から配電用変圧器約5,600台を受注したと発表した。2017年9月に続く2回目の受注で、金額は約1,064万米ドル(約11億5,700万円)。

現地子会社の日立ソー・エレクトリック&マシナリー(日立SEM)が受注した。

ミャンマーでは近年の経済発展で電力需要が急速に高まっているが、全国の電化率は50%に満たない。このため、政府は2015年9月、世界銀行の財政支援を得て「全国電化計画」(NEP)を策定。全国の電化率を19年末までに50%、25年に75%、30年までに100%とする目標を掲げた。

NEPの実施にあたり、同国は15年9月に初めて配電用変圧器の入札を実施。日立SEMが約5,400台を約1,500万米ドルで受注した。2回目の今回も同社が受注。合わせて約1万1,000台を納入することになった。

日立SEMは、今回受注した変圧器の生産を年内に開始し、20年中に全て納入する方針。

日立産機システムは声明で「今後、変圧器を中心とする送配電機器の製造、販売、据え付け、保守を通じ、ミャンマーの電力の安定供給を支えていく」との方針を示した。

初回入札時に納入された配電用変圧器(日立産機システム提供)

初回入札時に納入された配電用変圧器(日立産機システム提供)


関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: 電機その他製造電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

スー・チー氏、強い国内配慮 国際法廷、仮処分の行方が焦点に(15:46)

スー・チー氏が棄却要求、ロヒンギャ国際法廷(12/13)

新年度、貿易収支黒字で推移 縫製業と資源輸出けん引(12/13)

NTT、3カ国間の海底ケーブル敷設(12/13)

ICJ、来年にも仮処分=ロヒンギャ迫害で(12/13)

EU関税優遇の撤廃に現実味=商議所会頭(12/13)

米財務省、制裁強化で国軍幹部の資産を凍結(12/13)

国連の「人間開発指数」、中位国に上昇(12/13)

企業統治原則、20年の公布目指す(12/13)

観光客の立入禁止区域を拡大、地雷事故受け(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン