Bグリム、カンボジア太陽光発電に参入

ドイツ系財閥Bグリム傘下のタイの発電会社Bグリム・パワーは18日、カンボジアの太陽光発電所の開発会社買収で契約を交わしたと発表した。買収額は30万米ドル(約3,300万円)。同社にとってカンボジアで初の太陽光発電事業で、2020年10月に商業運転を開始する。 Bグリム・パワー…

関連国・地域: タイベトナムカンボジアラオス
関連業種: 電機金融電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

帰国者の感染5人確認、累計304人=2日朝(13:01)

テイクオフ:タイの夜の産業が7月か…(07/02)

東南ア、入国制限の緩和検討 日本からの渡航本格化には時間(07/02)

下着大手がネット販売に活路 店舗2カ月閉鎖で、マスク製造も(07/02)

コメ輸出規制が緩和、新型コロナ小康状態で(07/02)

入国後隔離は認定施設で、出張者対応も検討(07/02)

政府、特定国の商用客受け入れへ基準作り(07/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン