Bグリム、カンボジア太陽光発電に参入

ドイツ系財閥Bグリム傘下のタイの発電会社Bグリム・パワーは18日、カンボジアの太陽光発電所の開発会社買収で契約を交わしたと発表した。買収額は30万米ドル(約3,300万円)。同社にとってカンボジアで初の太陽光発電事業で、2020年10月に商業運転を開始する。 Bグリム・パワー…

関連国・地域: タイベトナムカンボジアラオス
関連業種: 電機金融電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

住宅開発上位5社が減収減益 1~9月、市場減速で発売延期も(12/06)

中国への輸出依存度が大幅減 18年度は30%、日米などに多様化(12/06)

20年の新車市場、最大5%減予測=カシコン(12/06)

東光電気が現法、電力消費増に伴い商機拡大(12/06)

アジアの20年昇給率4.9%に鈍化、NNA調査(12/06)

ベンツ、タイでPHV用バッテリー生産開始(12/06)

スシロー、香港とシンガポール軸に海外展開(12/06)

ホンダ二輪、「PCX150」の新モデル発売(12/06)

ホンダ二輪、ドラゴンボール限定車が完売(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン