• 印刷する

テイクオフ:夜になると、油の匂いを…

夜になると、油の匂いを放って街の至るところに現れる。鶏肉や野菜を油でからっと揚げ、塩こしょうをふった屋台料理「塩酥鶏」は屋台文化が根付く台湾の中でも、最も庶民の生活に馴染んでいる。台北郊外の自宅周辺にはスーパーはなくとも、塩酥鶏の屋台はある。

屋台の主人はたいてい人が良い。近所の主人は外国人にも分け隔てなく「仕事は順調かい」などと話し掛けてくれる。そんな主人の手は油まみれで、腕にはやけどの痕が残る。まさに庶民的と言うにふさわしい、と思っていた。

だが、実情はどうも違うらしい。その主人は実は、他にも数多くの屋台を出しており、市内の高級マンションに住む成功者だという。そう聞くと、主人が油と塩で、疲れ果てた労働者から富を吸い上げていくブルジョアの顔に見えなくもない。本物の商売上手は庶民の仮面を上手にかぶっているものだ。(陳)


関連国・地域: 台湾
関連業種: サービス社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

鴻海の11月売上高、今年最高を更新(12/06)

月給3万元未満、3割に低下 最賃引き上げで給与水準が上昇(12/06)

アジアの20年昇給率4.9%に鈍化、NNA調査(12/06)

華為、スマホ新機種の台湾販売を中止(12/06)

コウ康科技、名古屋に拠点開設(12/06)

スシロー、香港とシンガポール軸に海外展開(12/06)

華新が桃園の用地取得、本部を建設(12/06)

富鴻網、台東で農業のスマート化推進(12/06)

国巨、R&D人材などを大規模採用(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン