• 印刷する

テイクオフ:夜になると、油の匂いを…

夜になると、油の匂いを放って街の至るところに現れる。鶏肉や野菜を油でからっと揚げ、塩こしょうをふった屋台料理「塩酥鶏」は屋台文化が根付く台湾の中でも、最も庶民の生活に馴染んでいる。台北郊外の自宅周辺にはスーパーはなくとも、塩酥鶏の屋台はある。

屋台の主人はたいてい人が良い。近所の主人は外国人にも分け隔てなく「仕事は順調かい」などと話し掛けてくれる。そんな主人の手は油まみれで、腕にはやけどの痕が残る。まさに庶民的と言うにふさわしい、と思っていた。

だが、実情はどうも違うらしい。その主人は実は、他にも数多くの屋台を出しており、市内の高級マンションに住む成功者だという。そう聞くと、主人が油と塩で、疲れ果てた労働者から富を吸い上げていくブルジョアの顔に見えなくもない。本物の商売上手は庶民の仮面を上手にかぶっているものだ。(陳)


関連国・地域: 台湾
関連業種: サービス社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ警戒第3級、7月12日まで延長(15:16)

コロナ域内感染、3日ぶり100人超(16:19)

金管会と米テキサス州、銀行監督で連携(13:24)

入国後の待機期間、14日間に短縮(15:50)

テイクオフ:台湾で新型コロナウイル…(06/23)

外国人労働者の管理に新規定 コロナ拡大で、対応遅れ指摘も(06/23)

新型コロナ域内感染、2日連続で2桁(06/23)

接種対象を拡大、65歳以上から可に(06/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン