• 印刷する

テイクオフ:街の至る所で、日中から…

街の至る所で、日中からタンバイ(無職)のおっちゃんたちが腹丸出しで酒を交わしている。レッドホースに代表されるように、フィリピンには「安くてすぐ酔える」酒が多い。飲めば激しい二日酔いに襲われる手作りココナツ酒なら、100ペソ(約215円)程度で入手可能だ。

他方、最近では日本食料理店の増加に伴い、富裕層を中心に日本酒に注目が集まっている。日本酒「白雪」などを手掛ける老舗酒造「小西酒造」が週末、首都圏の食料品店で試飲販売を行った。同社輸出販売部の担当者は「多くの方が立ち寄ってくれました」と顔をほころばせる。フィリピン人の反応は好感触だったようだ。

日本国内の需要不振に伴い、多くの酒造会社が海外展開を進めている。フィリピンは日本酒の普及が遅れているが、その分伸びしろは大きいとも言える。個人的には、地酒がずらりと並ぶ飲食店の拡大に期待している。(堀)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

GDP16.5%減、過去最悪 4~6月、「景気後退」入り(08/07)

今年のGDP5.5%減に、政府予測(08/07)

比のコロナ感染者、東南ア最多に(08/07)

コロナ感染新たに3561人、計11万9460人(08/07)

コロナ対策法案第2弾、下院の第2読会通過(08/07)

フィリピンが破棄、コメ15万トンの輸入合意(08/07)

マカティ市、プール方式のコロナ検査実施へ(08/07)

通信大手2社、1~6月純利益に明暗(08/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン