• 印刷する

テイクオフ:インドで深刻化する大気…

インドで深刻化する大気汚染問題。特に深刻なのは、デリー首都圏(NCR)だ。自動車工業会(SIAM)は今月、大気汚染に関するキャンペーンを開始した。政府や自治体と共同で、北部パンジャブ州とハリヤナ州での野焼きが大気汚染を引き起こしていることを周知するという。

SIAMがこのようなキャンペーンを開始した理由はなにか。そして、他業界が同様の大規模な活動に乗り出さない理由は。

答えは簡単だ。SIAMはこの活動で、大気汚染の理由が自動車だけでないことを訴えようとしているのだ。NCRで特に大気汚染が深刻化するのは、自動車が主因だという認識がインドでは一般的だ。深刻化する大気汚染問題は、自動車産業に直接的に影響する。公害問題が来年4月から始まる新排ガス規制「バーラト・ステージ6(BS6)」への移行をもたらしたのを忘れてはいけない。(虎)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ホンダ二輪が模倣品対策 主体は部品、昨年度は5万個押収(12/06)

アジアの20年昇給率4.9%に鈍化、NNA調査(12/06)

豊田通商子会社、内製化支援のセンター開設(12/06)

第1段階合意には関税引き下げ必須、商務省(12/06)

アショク、今月に最大12日の生産調整(12/06)

シュコダ、印市場特化の車種を21年に発売(12/06)

二輪ロイヤル、海外の製造販売拠点を拡充(12/06)

ドールがインド進出、フューチャーと提携(12/06)

ガス火発、政府が新たな救済策を策定(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン