• 印刷する

テイクオフ:インドで深刻化する大気…

インドで深刻化する大気汚染問題。特に深刻なのは、デリー首都圏(NCR)だ。自動車工業会(SIAM)は今月、大気汚染に関するキャンペーンを開始した。政府や自治体と共同で、北部パンジャブ州とハリヤナ州での野焼きが大気汚染を引き起こしていることを周知するという。

SIAMがこのようなキャンペーンを開始した理由はなにか。そして、他業界が同様の大規模な活動に乗り出さない理由は。

答えは簡単だ。SIAMはこの活動で、大気汚染の理由が自動車だけでないことを訴えようとしているのだ。NCRで特に大気汚染が深刻化するのは、自動車が主因だという認識がインドでは一般的だ。深刻化する大気汚染問題は、自動車産業に直接的に影響する。公害問題が来年4月から始まる新排ガス規制「バーラト・ステージ6(BS6)」への移行をもたらしたのを忘れてはいけない。(虎)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:三大カーンもすごいが、…(07/14)

グーグルが100億ドル投資 デジタル化促進、AI活用などに(07/14)

通信ジオ、米クアルコムからも資金調達(07/14)

ITタタ、今年も新卒4万人採用(07/14)

電気バスのPMI、5年後見据え技術開発(07/14)

本年度は4.5%のマイナス成長、商工会調査(07/14)

格付け低下の企業、今月9日時点で3900社超(07/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン