• 印刷する

テイクオフ:米投資ファンドのローン…

米投資ファンドのローンスターが韓国外換銀行(現・KEBハナ銀行)を買収・売却する過程を題材にした映画 「ブラックマネー」が韓国で人気だ。

「経営難に陥った外換銀行を超安値で買い叩いて高額で売り抜いた」というのがローンスターに対する一般的な理解。「モクティ(食い逃げ)」などとやゆされ、映画でも、ローンスターの強欲ぶりが描かれている。

しかし一方で「映画の内容が事実と異なる」との指摘も出始めている。例えば、財政経済省(現企画財政省)が配布した当時の資料によると、実際のローンスターは、市場価値を上回る価格で外換銀行を買収したのだという。

韓国の新聞をチェックしていると、刺激的なタイトルを目にすることが少なくない。惑わされず関係者に取材するなど、事実を確認する作業を地道に続けていかなければと思わされる。(碩)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

韓国車販売が11カ月連続減 現代自不振、来年はさらに逆風か(12/06)

アジアの20年昇給率4.9%に鈍化、NNA調査(12/06)

現代自が投資増額、電動・スマート化に拍車(12/06)

11月の日本車販売、不買運動で56%減(12/06)

SKトップの離婚騒動、妻が訴訟で意趣返し(12/06)

60歳の平均余命25年、10年前より2.4年長く(12/06)

新韓銀行、カンボジアで電子決済サービス(12/06)

フィンテック企業育成、規制を緩和(12/06)

SKイノ、中国に海外初バッテリー工場竣工(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン