HCM市の大気汚染が深刻化 解決めど立たず、健康対策が急務

ベトナム・ホーチミン市の大気汚染が悪化している。9月下旬から市内中心部はかすみがかった状態が続いており、米国領事館が発表する「大気質指数」(AQI)も、「健康に良くない」分類が常態化しつつある。当局は対策を急ぐものの、抜本的な解決の道筋は見えないままだ。いまは…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: 自動車・二輪車医療・医薬品マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ユニクロがベトナムに1号店 市場の潜在性評価、独自商品も(12/06)

東光電気が現法、電力消費増に伴い商機拡大(12/06)

アジアの20年昇給率4.9%に鈍化、NNA調査(12/06)

イオン、ハノイ2号店がグランドオープン(12/06)

フエ―ダナン間、1月から路線バス運行(12/06)

高速道路4路線、運輸省が建設前倒し提案(12/06)

ホーチミン市、ごみ回収業者の支援策を計画(12/06)

大日光エンジと双日、地場EMSと提携(12/06)

日系コンサル、越人向け化粧品を発売へ(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン