• 印刷する

仏アルストム、3月までに機関車10両納入

マデプラ工場から出荷を予定する新デザインの電気機関車(インド鉄道省提供)

マデプラ工場から出荷を予定する新デザインの電気機関車(インド鉄道省提供)

フランスの輸送機器大手アルストムは、インド国鉄との合弁会社マデプラ・エレクトリック・ロコモーティブ(MELPL)を通じて、19/20年度(19年4月~20年3月)内に電気機関車10両を国鉄に納入する計画だ。翌年度には90両、以降は毎年100両の割合で出荷する方針を示している。インド鉄道省が14日に発表した。

アルストムは15年、鉄道省、国鉄との間で電気機関車800両を納入する契約(取引額は35億ユーロ=4,200億円)を締結。昨年3月に試作車両を納入した後で改良を加え、合弁会社のマデプラ工場(東部ビハール州)で国鉄傘下の研究設計標準機構(RDSO)が実施した検査を受けるなど、出荷に向けた準備を進めてきた。

エコノミック・タイムズ(電子版)によると、MELPLの出資比率はアルストムが74%、国鉄が26%。マデプラ工場の年産能力は120両で、既にMELPLは同工場に200億ルピー(約303億円)以上を投資してきた。車両の製造に当たっては、2年をめどに部品の9割以上を国内で調達する方針を立てている。

一方で、アルストムを巡っては、納入の実現性を疑問視する見方が出ていた。エコノミック・タイムズは先に、関係者の話として、15年以降に引き渡された機関車が1両もないことから、予定していた台数の納入は困難な状況と報じていた。


関連国・地域: インド欧州
関連業種: その他製造運輸

その他記事

すべての文頭を開く

ホンダ二輪が模倣品対策 主体は部品、昨年度は5万個押収(12/06)

アジアの20年昇給率4.9%に鈍化、NNA調査(12/06)

豊田通商子会社、内製化支援のセンター開設(12/06)

第1段階合意には関税引き下げ必須、商務省(12/06)

アショク、今月に最大12日の生産調整(12/06)

シュコダ、印市場特化の車種を21年に発売(12/06)

二輪ロイヤル、海外の製造販売拠点を拡充(12/06)

ドールがインド進出、フューチャーと提携(12/06)

ガス火発、政府が新たな救済策を策定(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン