• 印刷する

公共交通、米系アプリと到着予測で提携

ITを活用した次世代の乗り物サービス「MaaS(マース)」を提供する米国のスタートアップ、モービット(Moovit)はこのほど、マレーシアの公共交通機関と提携した。スマートフォンのアプリでクアラルンプール首都圏の電車やバスの到着時間を確認できる。

同社によると、マレー鉄道(KTM)コミューターのポートクラン線とスレンバン線のほか、スランゴール州プタリンジャヤ市の無料バス「PJシティーバス」、スランゴール州の無料バス「スマート・スランゴール」、クアラルンプール市内の無料バス「GoKLバス」と提携した。衛星利用測位システム(GPS)により運行状況をリアルタイムで確認できる。

12日付スターによると、マレーシア首都圏で都市高速鉄道(MRT)、軽量軌道交通(LRT)、モノレール、バスを運営する公共交通サービス「ラピッドKL」も、リアルタイムでの運行情報配信に向け、モービットのほか米IT大手グーグルなどと協議している。ラピッドKLはすでにウェブサイトで情報を配信しているが、アプリ版は来年1月の開始を目指すという。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 自動車・二輪車運輸IT・通信マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

7月新車販売、上位は急回復 首位プロドゥアは単月で今年最多(08/07)

タンチョン、越で日産2車種の販売終了へ(08/07)

日本電気硝子、医薬用管ガラスの生産増強(08/07)

RM1=25.2円、$1=4.19RM(6日)(08/07)

外国人労働者数把握で特別委、首相指示(08/07)

外国人の不法滞在、反則金徴収へ(08/07)

リサイクル率、25年までに40%目標(08/07)

東海岸をラテックス生産地帯に、ゴム委計画(08/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン