• 印刷する

公共交通、米系アプリと到着予測で提携

ITを活用した次世代の乗り物サービス「MaaS(マース)」を提供する米国のスタートアップ、モービット(Moovit)はこのほど、マレーシアの公共交通機関と提携した。スマートフォンのアプリでクアラルンプール首都圏の電車やバスの到着時間を確認できる。

同社によると、マレー鉄道(KTM)コミューターのポートクラン線とスレンバン線のほか、スランゴール州プタリンジャヤ市の無料バス「PJシティーバス」、スランゴール州の無料バス「スマート・スランゴール」、クアラルンプール市内の無料バス「GoKLバス」と提携した。衛星利用測位システム(GPS)により運行状況をリアルタイムで確認できる。

12日付スターによると、マレーシア首都圏で都市高速鉄道(MRT)、軽量軌道交通(LRT)、モノレール、バスを運営する公共交通サービス「ラピッドKL」も、リアルタイムでの運行情報配信に向け、モービットのほか米IT大手グーグルなどと協議している。ラピッドKLはすでにウェブサイトで情報を配信しているが、アプリ版は来年1月の開始を目指すという。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 自動車・二輪車運輸IT・通信マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ペトロナス株取得、サラワク州が検討姿勢(11:52)

外国産「和牛」とすみ分けへ 日本産認定に加えQRコード導入(12/13)

全教研がプログラミングの教育センター設立(12/13)

RM1=26.1円、$1=4.16RM(12日)(12/13)

日本の40社が来年に業界参入へ、ハラル公社(12/13)

鉱工業生産指数、10月上昇率0.3%に減速(12/13)

製造業売上高、10月は2.2%増の746億リンギ(12/13)

サラワク州の小規模電力網、韓国企業と提携(12/13)

ランカウイ島へ海底送電線、国営電力が敷設(12/13)

メルセデス、SUV新モデルで販売増に期待(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン