通信最大手が四半期初の赤字、インド特損で

シンガポールの通信最大手シンガポール・テレコム(シングテル)の2019年7~9月期の連結決算は、純損益が6億6,800万Sドル(約530億円)の赤字だった。四半期決算で赤字となるのは初めて。出資先のインド通信大手バルティ・エアテルの特別損失が響いた。 インドの最高裁判所は…

関連国・地域: シンガポールインド
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

セレター空港、新施設追い風に ビジネスジェットで存在感(上)(12/13)

新年度、貿易収支黒字で推移 縫製業と資源輸出けん引(12/13)

NTT、3カ国間の海底ケーブル敷設(12/13)

小売業売上高、9カ月連続マイナス成長(12/13)

3Q雇用増加数を下方修正、サービス業低下(12/13)

働きやすい会社、1位はグーグル=米社調査(12/13)

MRTの路線図と乗換案内、順次刷新(12/13)

企業統治原則、20年の公布目指す(12/13)

ブルーSG、一般EV向け充電設備2.4倍に(12/13)

西部の産廃処理場で火災、鎮火に6時間(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン