「IT企業」偽り滞在か、マニラで拘束の邦人

【マニラ共同】フィリピン入国管理局が特殊詐欺に関与した疑いのある日本人の男36人を拘束した事件で、このうち20代の男と交際しているフィリピン人女性(32)が14日、取材に応じ「(男は)IT企業で働いていると言っていた」と証言した。仕事を偽り、滞在していた疑いがある。 …

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナウイルス禍で…(05/11)

デジタル活用、アジアに学ぶ MUFGの東南アジア戦略(4)(05/11)

石油大手、2社が赤字転落 20年決算、コロナで需要低迷(05/11)

新型コロナ、新たに6846人感染(05/11)

2月のFDI純流入2.2%減、中銀(05/11)

3月の銀行貸出残高4.5%減、4カ月連続(05/11)

3月マネーストック、「M3」は8.3%増(05/11)

電子業界に生産リスク、半導体不足で(05/11)

サンミゲル発電部門、今年は1250億ペソ投資(05/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン