• 印刷する

《日系進出》関東電化工業、安徽で半導体用特殊ガス生産

関東電化工業は14日、安徽省宣城市に半導体・液晶用特殊ガス類の製販を手掛ける子会社を設立すると発表した。建設・事業コンサルティングの杭州東旺工程管理諮詢(浙江省杭州市)と合弁で設ける。早ければ2020年にも工場を着工し、21年をめどに稼働させる。中国で特殊ガス類の需要が拡大すると見込み、生産拠点を設置することで需要の取り込みを図る。

関東電化工業が中国に工場を設けるのは初めて。合弁会社の名称は宣城科地克化工科技(仮称)で、12月の設立を予定。資本金は1,740万米ドル(約18億9,200万円)で、関東電化工業が95%、東旺工程管理が5%をそれぞれ出資する。生産能力は未定。

中国は特殊ガス製造に使うフッ化水素酸の原料になる蛍石の主要生産国。合弁相手の東旺工程管理は傘下にフッ素系製品を製造する子会社を有することから、原料の安定的な供給を確保することができるという。


関連国・地域: 中国-安徽日本
関連業種: 化学建設・不動産IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ここ数年、車載電池大手…(07/13)

マカオ、香港との「健康コード」先送りも(07/13)

6月の新車販売11.6%増 過去最高、回復の勢い鮮明(07/13)

TSMCの6月売上高、過去最高を更新(07/13)

エクアドルの輸入エビ、コロナ検査で陽性(07/13)

タタ自の世界販売、4~6月は64%減(07/13)

北方での洪水にも警戒、国務院の常務会議(07/13)

ラーガン、3Qは「大半の顧客が発注減」(07/13)

米、対中第2段階「ない」=貿易協議(07/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン