• 印刷する

《日系進出》関東電化工業、安徽で半導体用特殊ガス生産

関東電化工業は14日、安徽省宣城市に半導体・液晶用特殊ガス類の製販を手掛ける子会社を設立すると発表した。建設・事業コンサルティングの杭州東旺工程管理諮詢(浙江省杭州市)と合弁で設ける。早ければ2020年にも工場を着工し、21年をめどに稼働させる。中国で特殊ガス類の需要が拡大すると見込み、生産拠点を設置することで需要の取り込みを図る。

関東電化工業が中国に工場を設けるのは初めて。合弁会社の名称は宣城科地克化工科技(仮称)で、12月の設立を予定。資本金は1,740万米ドル(約18億9,200万円)で、関東電化工業が95%、東旺工程管理が5%をそれぞれ出資する。生産能力は未定。

中国は特殊ガス製造に使うフッ化水素酸の原料になる蛍石の主要生産国。合弁相手の東旺工程管理は傘下にフッ素系製品を製造する子会社を有することから、原料の安定的な供給を確保することができるという。


関連国・地域: 中国-安徽日本
関連業種: 化学建設・不動産IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

1~10月のサービス貿易、2.6%増の4.4兆元(12:54)

国務院が雇用優先政策を強化 「民生の根本」、失業増加を警戒(12/06)

マレー系ディーラー47店撤退 プロトン、中国資本で躍進の陰で(12/06)

中国への輸出依存度が大幅減 18年度は30%、日米などに多様化(12/06)

アジアの20年昇給率4.9%に鈍化、NNA調査(12/06)

華為、スマホ新機種の台湾販売を中止(12/06)

第1段階合意には関税引き下げ必須、商務省(12/06)

ベンツ、タイでPHV用バッテリー生産開始(12/06)

スシロー、香港とシンガポール軸に海外展開(12/06)

「米は関税の機銃掃射」、外務省が批判(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン