「貿易摩擦恐れず」、広達董事長

ノートパソコンを主体とする台湾のEMS(電子機器の受託製造サービス)大手、広達電脳(クアンタ・コンピューター)の林百里董事長は13日、幅広い技術の製品と世界各地に生産拠点を展開する自社に競争力があるとして、「米中貿易摩擦がどのように変化しても、広達は全てに対応で…

関連国・地域: 中国台湾ASEAN米国
関連業種: IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

カルフール総経理、20年の小売景気を慎重視(12:56)

テイクオフ:神を信じない罰当たりな…(12/09)

ツタヤブック、来年高雄進出 南港店オープン、さらに増設も(12/09)

TSMC、竹科のR&Dセンターは21年稼働(12/09)

鴻海の11月売上高、今年最高を更新(12/09)

鴻海の米投資計画、来年が最も重要=郭氏(12/09)

鴻海董事長、デジタル医療に商機見込む(12/09)

5G入札へ、専用周波数帯を決定(12/09)

仁宝が越で生産拡大、子会社に11億元増資(12/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン