• 印刷する

テイクオフ:そんな常識があるなんて…

そんな常識があるなんて知らなかったよ――。思わず口から漏れた一言だ。バイクの運転免許を持つ身としては、ヘルメットをかぶるのは当たり前。日本の地方のそのまたへき地では、ノーヘルライダーに遭遇したこともあるし、新興国でもノーヘルは普通。ただ先進国で罰金大国のシンガポールでは、「ヘルメットをかぶるのは常識」と思っていた。

ところが先日、インド系の男性がヘルメットを着用せずにバイクに乗っているのを見掛けた。「あの人ノーヘルだ!」とシンガポール人の友人に話掛けると「そりゃそうだよ。彼はシーク教徒だ」と返された。

インド北部にゆかりのある人に多いシーク教では、男性は頭にターバンを巻く。多民族多宗教を標榜するシンガポールでは、シーク教徒の男性はヘルメットの着用が免除されているそうだ。自分の常識が非常識であることを改めて認識する機会となった。(薩)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

次世代産業創出や経済変革狙う 政府、先端製造業の振興注力で(12:35)

配車グラブ、決済カード発行 東南アジア1兆米ドル市場に照準(12/06)

海洋プラごみ削減ファンド、20年に始動(12/06)

香港保険FWD、福利厚生事業から撤退(12/06)

スシロー、香港とシンガポール軸に海外展開(12/06)

飲料F&N、西部トゥアスに総合拠点開設へ(12/06)

先端技術の法的研究施設、国立大が開所(12/06)

仏ボロレ、物流・技術開発拠点を開設(12/06)

自給率1割未満脱却へ、「地産地消」推進で(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン