• 印刷する

水祭り中の首都訪問客は約480万人

カンボジア観光省は、今月10~12日の水祭り期間中に首都プノンペンを訪れた旅行者は、昨年より5%多い約478万人だったと明らかにした。クメール・タイムズ(電子版)が14日伝えた。

同省によると、3日間の首都訪問客は、カンボジア人が約475万人、外国人が3万1,446人だった。初日は合わせて約50万人と低調だったが、2~3日目で激増した。

水祭りはカンボジア最大の祭りの一つで、プノンペンでは王宮前のトンレサップ川でボートレースや花火大会が開かれる。

観光省の報道官は「最近はカンボジア人観光客が急増している」と指摘。「人々の収入が増え、旅行を楽しむようになった。多様な旅行商品も開発されている」と話した。

カンボジア全土でみると、今年の水祭り期間中の旅行者は580万人。うち8万9,500人が外国人だった。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

神鋼環境、リゾート施設向け浄水設備を受注(08/07)

低迷する自動車販売業界、3月比では回復(08/07)

新型コロナ、新たに3人感染で累計243人(08/07)

首都のウオーターパーク、17日開業へ(08/07)

入国の保証金減額、投資家などの要件緩和も(08/06)

全日空、成田ープノンペン線は9月も運休(08/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン