• 印刷する

華為締め出しか、表記巡りNCCが新方針

中国通信設備・機器大手の華為技術(ファーウェイ)のスマートフォンに、通話履歴の発信地情報が「中国台湾」と表示されることを巡り、台湾国家通訊伝播委員会(NCC)は13日、同様の表記がみられるスマホに対し、今後台湾での販売に必要な認証を出さない方針を示した。強い姿勢を示すことで、メーカー側に是正を促す。

14日付蘋果日報によると、華為のスマホは今年8月のシステム更新後、通話履歴の発信地情報や国・地域の設定画面に従来「台湾」「台北」と表示された表記が「中国台湾」「中国台北」に変更されていた。

NCCは、社名を伏せた上で「通話履歴などで台湾の表記に誤りがみられるスマホがある」と指摘。今後は「正確な表記」がなければスマホ、タブレット端末などの製品に認証を出さないと強調した。台湾で販売する全ての通信機器にはNCCの認証が必要。

中国時報によると、NCCは華為の台湾総代理、訊ワイ技術(ワイ=山かんむりに威)から表記変更の確約を得たという。

■100億元の受注額に影響も

ただ変更がなかった場合は、華為の製品が台湾市場から締め出されることになり、台湾サプライヤーに大きな影響をもたらしそうだ。

業界関係者は、華為のスマホ、タブレット端末の販売が全て禁止された場合、台湾サプライヤーの損失が年間100億台湾元(約355億7,400万円)に上るとみている。

華為のスマホ製品が台湾市場に占める9月のシェアは3.8%で、宏達国際電子(HTC)と並んで5位だった。


関連国・地域: 中国台湾
関連業種: IT・通信政治

その他記事

すべての文頭を開く

鴻海の11月売上高、今年最高を更新(12/06)

月給3万元未満、3割に低下 最賃引き上げで給与水準が上昇(12/06)

アジアの20年昇給率4.9%に鈍化、NNA調査(12/06)

華為、スマホ新機種の台湾販売を中止(12/06)

コウ康科技、名古屋に拠点開設(12/06)

スシロー、香港とシンガポール軸に海外展開(12/06)

華新が桃園の用地取得、本部を建設(12/06)

富鴻網、台東で農業のスマート化推進(12/06)

国巨、R&D人材などを大規模採用(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン