宏全国際、フィリピンに新工場計画

台湾の飲料用包装資材メーカーでボトリング大手の宏全国際集団は12日に開催した董事会(取締役会)で、フィリピンに新工場を設置することを決めた。東南アジア市場の強化に向けた動きの一環。13日付工商時報が伝えた。 工場の予定地はルソン島バタンガス州で、投資額は3億5,700万…

関連国・地域: 台湾フィリピン
関連業種: 食品・飲料その他製造マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「あ、お金忘れた」。先…(02/20)

中台間の航空貨物運賃が急騰 従来比7倍も、新型肺炎の減便で(02/20)

モルフォ、台湾子会社を設立(02/20)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(19日正午)(02/20)

シノプシス、交通大にAI設計R&D拠点(02/20)

TSMC、「1Qの売上高目標に変更なし」(02/20)

金庫資本、配車グラブに3千万ドル出資(02/20)

4Qの製造業生産額、4四半期連続マイナス(02/20)

全家、人工肉使用の自社商品2種を発売(02/20)

寒舎餐旅、傘下ホテルの一部フロア閉鎖(02/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン