• 印刷する

《日系進出》マツキヨ、ベトナム企業と合弁会社設立へ

ベトナム展開を表明していたドラッグストア大手マツモトキヨシホールディングス(HD)は13日、同国で食品製造や外食業を手掛けるロータス・フード・グループと合弁会社を設立すると発表した。両社が持つ店舗運営のノウハウや経営資源を活用し、ベトナムでの早期出店を目指す。

合弁会社「マツモトキヨシベトナム」は2020年2月に設立予定で、ホーチミン市のビンタイン区に本部を置く。資本金は315億ドン(136万米ドル、約1億5,000万円)だ。会長にはロータス・フード・グループのレ・バン・メイ氏が、最高経営責任者(CEO)にはマツモトキヨシの宮岡弘樹氏がそれぞれ就任する。出資比率は、マツモトキヨシが51%、ロータス・フード・グループが48.87%、メイ氏が0.13%になる。

マツモトキヨシは今年7月、ベトナム進出に向けロータス・フード・グループと合弁事業推進に関する基本合意書を締結していた。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 医療・医薬品小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

不動産投信MLT、中国などで物流施設取得(16:04)

東南ア経済でベトナム頭角 今年4位浮上、1人当たり6位に(10/20)

日越が首脳会談、官民で12件の文書交換(10/20)

南北高速道、カインホア区間のプレFS提出(10/20)

ボーイング、技術開発で越の騒音問題解決へ(10/20)

ホーチミン道路、資金不足で290キロ未着手(10/20)

ハノイ都市鉄道2号線、進展わずか=人民委(10/20)

商業不動産、来年に市場回復=サヴィルズ(10/20)

重点エネルギー使用施設一覧、首相が公布(10/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン