• 印刷する

テイクオフ:大手プラットフォーム2…

大手プラットフォーム2社による「双十一」の取引額が1日で計4,728億4,400万元(約7兆3,800億円)に達したという11日、10月の新車販売統計が発表された。中国の自動車市場は前年に比べ約10万台、年初からの累計では220万台以上の縮小となった。

新車価格を1台当たり10万元と仮定すると、10月だけで100億元、年初からの10カ月間で2,200億元の売り上げが失われた計算になる。「双十一」の取引額は前年から約995億元拡大したが、今年の新車販売はそれよりもはるかに大きく落ち込んでいる。中国市場が巨大であることに異論はないが、ネット通販の華やかさと静かに迫る内需の飽和、どちらにより目を向けるべきなのだろう。

今年の「双十一」も昨年と同様、ワインをまとめ買いした。ただし本数は昨年よりも控えめ。我が家の内需は確実に緊縮傾向である。(羊)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

中国からの投資にはリスクあり、KPK警告(14:57)

三菱電機、中国での特許訴訟で勝訴(17:48)

MRT新路線2駅の建設、中国企業が受注(17:18)

テイクオフ:携帯キャリアから久しぶ…(12/09)

米産大豆など、報復関税免除 貿易協議にらみ柔軟姿勢か(12/09)

韓国がEV電池で覇権狙う LGとGM合弁、現地生産を加速(12/09)

中国11月新車販売、日系3社好調も日産苦戦(12/09)

丸紅のコンソ、豪鉄道事業受注 NSW州シドニーでPPP事業権(12/09)

中国企業、南東部で廃棄物発電を検討(12/09)

有望投資先、越が6年連続1位=日本公庫(12/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン