• 印刷する

テイクオフ:日本から初めて海外に出…

日本から初めて海外に出たときは、接客サービスの「雑さ」に驚いた。これがしばらく日本国外で生活していると、だんだんと感覚がまひしてくる。こうして「適当が当たり前」と構えていた矢先、あまりに丁寧な接客に遭遇すると、なんだか恐縮してしまうものだ。

先日、携帯電話の請求書を確認していると、未利用のサービスに課金されていたことを発見した。通信会社に問い合わせると、1コールで担当の男性が出た。彼は内容を聞くと、問題の原因を即座に調べ、今後の対応について詳細に説明してくれた。話の切れ間には「疑問に思う点があればいつでも言ってほしい」と何度も念押しまでしてくれた。

やや機械的な話し方ではあったものの、想定外のスピード感と丁寧さにかなり驚いた。会社自体の印象まで一気に良くなったため、今後も同社のサービスを使い続けようと思う。(真)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: IT・通信社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

配車グラブ、決済カード発行 東南アジア1兆米ドル市場に照準(12/06)

海洋プラごみ削減ファンド、20年に始動(12/06)

香港保険FWD、福利厚生事業から撤退(12/06)

スシロー、香港とシンガポール軸に海外展開(12/06)

飲料F&N、西部トゥアスに総合拠点開設へ(12/06)

先端技術の法的研究施設、国立大が開所(12/06)

仏ボロレ、物流・技術開発拠点を開設(12/06)

自給率1割未満脱却へ、「地産地消」推進で(12/06)

国民6割が退職後の準備不十分、地場社調査(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン