• 印刷する

テイクオフ:日本から初めて海外に出…

日本から初めて海外に出たときは、接客サービスの「雑さ」に驚いた。これがしばらく日本国外で生活していると、だんだんと感覚がまひしてくる。こうして「適当が当たり前」と構えていた矢先、あまりに丁寧な接客に遭遇すると、なんだか恐縮してしまうものだ。

先日、携帯電話の請求書を確認していると、未利用のサービスに課金されていたことを発見した。通信会社に問い合わせると、1コールで担当の男性が出た。彼は内容を聞くと、問題の原因を即座に調べ、今後の対応について詳細に説明してくれた。話の切れ間には「疑問に思う点があればいつでも言ってほしい」と何度も念押しまでしてくれた。

やや機械的な話し方ではあったものの、想定外のスピード感と丁寧さにかなり驚いた。会社自体の印象まで一気に良くなったため、今後も同社のサービスを使い続けようと思う。(真)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: IT・通信社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

日系14%の入国承認、制限緩和第2期に(19:43)

与野党が選挙討論会、雇用問題で意見対立(19:46)

総選挙は経済・雇用対策焦点、与党に追い風(19:44)

東急ハンズが8月に1号店閉店、契約満了で(19:47)

フィンテック社、「ツケ払い」サービス提供(19:47)

保険料収入、今年は3.4%減へ=報告書(19:43)

新規感染188人、計4万4310人(2日)(19:43)

テイクオフ:5年ぶりとなるシンガポ…(07/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン