• 印刷する

テイクオフ:毎年恒例のアラヤ通りの…

毎年恒例のアラヤ通りのイルミネーションが点灯した。街の明かりが消えると南国の常緑樹に黄金色のライトがきらめく。あちこちで3メートル級の巨大ツリーが飾られ、クリスマスムードも一気に加速している。季節外れの雨に心なしか涼しくなったような気さえする。

同時に勢いづくのがクリスマスセールだ。消費意欲の高い当地でも、この時期の物欲と気合いは特別大きいらしい。ご褒美に自分にプレゼントを買おうと考えあぐねていたところ、同僚のフィリピン人女性から「高額商品なら今が買いだ」としきりに勧められた。普段、服はセール価格で購入するという彼女の助言ならきっと確かだろう。

一方で、12月は鶏肉の価格が上がりやすいとボヤく声も。他の女性スタッフは、聖夜には2キログラムほど鶏肉を買い込むという。色気より食い気はどの国も共通か。男子的な女子トークに花が咲いた。(西)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ボトル再生工場、1月着工 コカ・コーラ、東南ア初(12/06)

アジアの20年昇給率4.9%に鈍化、NNA調査(12/06)

11月の物価上昇率1.3%、6カ月ぶり加速(12/06)

製造業活性化に300億ペソ必要、貿産省(12/06)

証取の清算子会社、英社の決済システム導入(12/06)

10月の失業率4.5%に低下、統計庁(12/06)

10月の工業生産、11カ月連続で前年割れ(12/06)

ボホール空港の運営保守、投資額は38億ペソ(12/06)

〔ミ島通信〕日本が技術支援、道路整備事業(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン