• 印刷する

愛三工業、西部にBS6対応の新工場を開所

テープカットを行う愛三工業の野村得之社長(左から3人目)。開所式にはインド電子産業協会(ELCINA)の代表など約70人が参加した(愛三工業提供)

テープカットを行う愛三工業の野村得之社長(左から3人目)。開所式にはインド電子産業協会(ELCINA)の代表など約70人が参加した(愛三工業提供)

愛三工業(愛知県大府市)は8日、インドの生産子会社、愛三フィエム・オートモーティブズ・インディア(AFI)が西部ラジャスタン州に設置した新工場の生産開始を記念して、開所式を行ったと発表した。来年4月から導入される排ガス規制「バーラト・ステージ(BS)6」に対応した二輪車・三輪車向けの燃料噴射(FI)装置を生産する。

新工場は、愛三工業がインドに保有する2カ所目の生産拠点で、開所式は10月18日に実施した。投資額は土地と建設費用を合わせて約3億円で、敷地面積は約1万5,000平方メートル。1カ所目の生産拠点は南部アンドラプラデシュ州にあり、年産能力は2工場合わせて約400万台。愛三工業の野村得之社長は声明で、「高い性能と品質を有する当社のFI装置で、インドの環境改善に貢献していきたい」と意気込みを語った。既にインドネシアでは、年間約300万台のFI装置の販売実績があるという。

AFIは、地場の二輪車部品メーカーFIEMインダストリーズ(フィエム)と豊田通商の現地法人である豊田通商インディアの合弁企業で、首都ニューデリーに拠点を置く。資本金は10億ルピー(約15億円)で、出資比率はそれぞれ愛三工業が69%、フィエムが26%、豊田通商インディアが5%。


関連国・地域: インド日本
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インド人といえば、頭に…(12/12)

新興予防医療が展開拡大 来年は日本へ、三井物産支援受け(12/12)

自動車販売店、11月の小売り総数は2.5%増(12/12)

タタ自、11月の世界販売は15%減の9万台(12/12)

19年上期の乗用車輸出、現代が首位で10万台(12/12)

現代自、来年1月からの値上げを発表(12/12)

日通が地場同業と業務提携、サービス強化(12/12)

インパクト、コンビニ16号店を南部に開業(12/12)

中国スカイワース、工場設置に1億ドル投入(12/12)

リニュー、太陽光開発で韓国建設大手と合弁(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン