マヒンドラ、7~9月は8割減益

インドの自動車・農業機械大手マヒンドラ&マヒンドラ(M&M)が8日に発表した2019/20年度第2四半期(19年7~9月)の連結決算は、純利益が前年同期比78.3%減の34億8,140万ルピー(約53億3,000万円)と急落した。 売上高は、5.9%減の2,393億5,930万ルピーだった。内訳は全…

関連国・地域: インド
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

自動車各社が対コロナに支援 人工呼吸器など、医療製品確保で(04/03)

3月の乗用車販売、各社マイナス4割超(04/03)

3月商用車販売、主要6社が7割以上の減少(04/03)

二輪ヒーロー、値引きでBS4車の在庫整理(04/03)

車メーカーがネット販売に注力、コロナ影響(04/03)

モバイルクリエイト、印同業の株式取得(04/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン