• 印刷する

TSMCの10月売上高、過去2番目の高水準

台湾ファウンドリー(半導体の受託製造)ファウンドリー(半導体の受託製造)世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)が8日発表した2019年10月の連結売上高は、前年同月比4.4%増の1,060億3,953万台湾元(約3,820億円)だった。単月としては過去2番目の多さで、3カ月連続で1,000億元を超えた。前月比では3.8%増えた。

経済日報によると、米アップルのスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の新モデル「iPhone11」をはじめとするスマホと、ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)向けの需要増を背景に、7ナノメートル製造プロセスの生産が伸び、売り上げを押し上げた。

1~10月は前年同期比1.8%増の8,587億8,788万元となった。

TSMCはこのほど開いた業績説明会で、第4四半期(10~12月)の売上高が102億~103億米ドル(約1兆1,150億~1兆1,260億円)になるとの予測を示していた。前四半期比では8.5~9.6%増え、四半期ベースで過去最高となる計算。

証券筋は同社の11月と12月の売上高について、「単月1,000億元前後の高水準を維持する」と予測した。


関連国・地域: 台湾
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:海外に滞在中、特に途上…(11/20)

低い生産性、タイに追いつけ 経営改革へ「日本式」伝搬(上)(11/20)

電動二輪車、2年で2.7倍 普及には使用コストの低減が鍵(11/20)

新保と肚肚が提携、飲食業界をスマート化へ(11/20)

ASUS、インドで年内に200店体制へ(11/20)

東元、比で中国企業と電動三輪の合弁会社(11/20)

六福、春節向けの冷凍食品を投入強化(11/20)

家具の震興集団、ベトナムの病院を拡張(11/20)

3Qの製造業生産額、3四半期連続マイナス(11/20)

台湾セメント、初のアフリカ工場建設(11/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン