外資の縫製工場の新設続く、日系も

カンボジアでアジア企業による縫製工場の開設が続いている。国連貿易開発会議(UNCTAD)が発表した投資動向の報告書によると、カンボジアでは2018~19年に少なくとも17軒の縫製工場が新設された。18年には三祥貿易(東京都渋谷区)のカンボジア法人の工場も稼働した。 工場…

関連国・地域: 中国香港韓国カンボジア日本
関連業種: 繊維建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ヤンゴンにイオンモール1号店 23年開業、新興中間層に照準(08/05)

自転車輸出額、今年は昨年実績超えも(08/05)

1~7月の精米輸出量、38%増の42.6万トン(08/05)

カンボジア・ポスト、国際郵便を一部再開(08/05)

履物業界、EUに経済制裁の延期要請(08/04)

観光・航空業界向け免税措置、9月まで延長(08/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン