• 印刷する

メラルコ、11月の電力料金引き上げ

フィリピンの配電最大手マニラ電力(メラルコ)は7日、11月の電力料金を引き上げると発表した。1キロワット時(kWh)当たりの引き上げ幅は0.4717ペソ(約1.02円)。発電会社に支払う発電料の上昇を理由としている。

1カ月に200kWhの電力を消費する標準世帯の電力料金は、1kWh当たり9.5579ペソとなり、前月の9.0862ペソから上昇する。月額94ペソの値上げとなる。一方、引き上げ後の電力料金は、2019年4月に比べて1kWh当たり1ペソ近く安いとの見解を示している。

電力料金の引き上げについては、電力卸売りスポット市場(WESM)からの調達コストの上昇が響いたと説明。WESMの相場は、ルソン島での需給の逼迫(ひっぱく)により、1kWh当たり3.8016ペソ上昇した。

同島では先月、複数の発電所から電力供給が止まった。天然ガス施設が、保守作業のため停止したことも影響している。民間送電事業者のフィリピン全国送電社(NGCP)は、電力需給の逼迫(ひっぱく)を示す「イエローアラート」を出し、輪番停電の実施を警告している。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 電力・ガス・水道

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:隣で商業施設を建設中の…(11/20)

通信2社の5G投資低調 対応端末など課題、4Gに注力(11/20)

ペトログリーン、パラワンで風力発電事業(11/20)

メラルコの電力供給契約延長、当局が却下(11/20)

東元、比で中国企業と電動三輪の合弁会社(11/20)

ICTSI、イロイロ港開発計画が前進(11/20)

スービック湾開発庁、自由港の橋建設開始(11/20)

キャセイランド、カビテ軽工業団地を拡張(11/20)

独アウディ、20年の販売目標は1000台(11/20)

財閥SM、国内初のスマート駐車場を新設(11/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン