• 印刷する

新興バーズ、TVPなどから資金調達

デジタルソリューションを提供するミャンマーの新興企業「バーズ」(Bards)はこのほど、最大都市ヤンゴンを拠点とする日系投資会社トラスト・ベンチャー・パートナーズ(TVP)と個人投資家1人から、計数万米ドル(数百万円)規模の資金を調達したと発表した。

バーズは現在、異なる複数の電子ウォレットでの決済を一つの端末で処理できる国内初の統合プラットフォーム「ディンガー」(Dinger)を開発している。ディンガーを導入することで、電子商取引(EC)企業は、さまざまな電子ウォレットでの決済を受け付けられる。バーズは2020年初めにディンガーを正式に立ち上げ、2回目の資金調達にも着手する方針を示している。

バーズはデジタルマーケティングやブランディング、ITソリューション、ウェブデザインなどのサービスを提供している。主な顧客は、携帯電話事業者の国営ミャンマー郵電公社(MPT)、フィットネス予約アプリ「フレキシブル・パス」など。ディンガーに関しては、地場電子ウォレット1社と既に契約を結び、別の2社とも近く締結する予定。8月時点で、教育、小売り、医療、フィットネス関連の10社に及ぶEC企業と基本合意書を交わしている。

創設者のテト・アーカー・チョー氏は、米経済誌フォーブスが発表したアジアで最も影響力のある30歳以下の30人「30アンダー30」2019年アジア版に選出された。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 金融IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

民主派と親軍派の衝突は長期戦に、専門家(17:51)

CNG補給所41カ所稼働、供給安定化に課題(17:34)

4月のエビ輸出は611トン、273万ドル(17:35)

22日の感染者3人、46日連続で死者ゼロ(11:56)

東南アジアで溶接技術つなぐ 日新電機、ミャンマーで金属加工(05/23)

4月のCMP原材料輸入、3.4倍に増加(05/23)

国軍報道官、経営者の出国禁止を否定(05/23)

入国上限2万人に、世界の8割が検査免除(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン