仏開発庁、シアヌークビルで浄水施設検討

フランス政府の援助機関、フランス開発庁(AFD)は、カンボジア南部のシアヌークビル州で浄水施設の設置を検討している。開発が進む同州では人口が急増しており、拡大する浄水需要に対応する考え。クメール・タイムズ(電子版)が7日伝えた。 フランスのエバ・グエン・ビン駐…

関連国・地域: カンボジア欧州
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

履物業界、EUに経済制裁の延期要請(08/04)

観光・航空業界向け免税措置、9月まで延長(08/04)

コロナ、新たに7人感染で計240人(08/04)

世界の日本人起業家がオンラインイベント(08/04)

カンダル州の火力発電所、8月に一部稼働(08/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン