仏開発庁、シアヌークビルで浄水施設検討

フランス政府の援助機関、フランス開発庁(AFD)は、カンボジア南部のシアヌークビル州で浄水施設の設置を検討している。開発が進む同州では人口が急増しており、拡大する浄水需要に対応する考え。クメール・タイムズ(電子版)が7日伝えた。 フランスのエバ・グエン・ビン駐…

関連国・地域: カンボジア欧州
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

日本との貿易総額、1~10月は12%増(12/11)

シアヌークビルの運河、洪水対策で修復開始(12/11)

歯科医院パチェム、来年首都に2軒増設(12/11)

決済ソフトスペース、カンボジアなど進出へ(12/11)

住商系がEMS工場を開所 タイ国境で、取り巻く環境改善も(12/10)

地方行政に9億米ドル、来年度予算(12/10)

コメ産業に公的支援、5千万ドルを拠出(12/10)

小口金融LOLC、中所得者照準で好業績(12/10)

野党指導者、1月初公判 EUが注視(12/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン