第3四半期GDP、5.02%増 内外需不調で景気対策・利下げも

インドネシア中央統計局(BPS)が5日発表した第3四半期(7~9月)の国内総生産(GDP)は、物価変動を除いた実質で前年同期比5.02%増だった。前期の5.05%増からさらに鈍化して、3四半期連続の減速。2017年第2四半期(4~6月)以来の低い伸びとなった。輸出に加え、…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 金融小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

国内新規感染者1600人超、東ジャワが急増(07/03)

下期景気、4割が上向き予想 日系企業、制限緩和で底打ち期待(07/03)

西ジャワ首都圏も16日までPSBB延長(07/03)

中銀の金融機関監督権、大統領が復活の意向(07/03)

エネ鉱省、年内の電気料金据え置きを決定(07/03)

ライオン航空が2600人削減、全体の9%(07/03)

ホンダ四輪工場、稼働停止を7月末まで延長(07/03)

5月の二輪車販売台数、96%減の2万台(07/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン