• 印刷する

テイクオフ:茶道を習っている友人が…

茶道を習っている友人が台湾に来たので、台北市大安区の青田街にある茶館に連れて行った。日本統治時代の家屋を改築した飲食店や資料館などが点在し、趣を感じながらのんびりできるエリアだ。

茶館では台湾茶の作法に従い、店員がお茶の入れ方を教えてくれる。茶碗を洗ったお湯を捨てる「建水」や香りを楽しむための「聞香杯」など10以上の茶道具を使う。道具は多いものの、「一つ一つの動作に決まりがある日本の茶道に比べるとずっと分かりやすい」と友人は言う。

日本の茶道は月謝のほか、次のレベルに進むための許状の取得料や挨拶料、行事の参加料など何かとお金がかかるらしい。ただこの日のお茶代も、一番リーズナブルなお茶に、茶菓子とサービス料を加えて1人700台湾元(約2,500円)。台湾では焼肉食べ放題に行けてしまう値段だ。伝統を学ぶのは安くない。(妹)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

聯発とインテル、5G対応PC開発で提携(13:05)

上期の「専利」出願が4%減 コロナ響く、TSMCの首位継続(08/07)

義隆が聚積の増資引き受け、LEDで協業(08/07)

エイサー、2Q純益は前年同期比3倍(08/07)

中国スマホ向けAPシェア、聯発科技が首位(08/07)

世界先進が値上げも、需要旺盛で(08/07)

中華電信とHTC、VRサービスで提携(08/07)

群光、サーバー電源で世界トップ狙う(08/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン