• 印刷する

エネ統制委、余剰電力の販売制度を開始

フィリピンのエネルギー統制委員会(ERC)は、バタンガス州サントトマスで消費者が発電した余剰電力を販売する「ネット・メータリング」制度を正式に開始したと発表した。消費者の電力料金の負担軽減につなげる。

太陽光発電パネルを全住宅に搭載した国内初の住宅街「ビアベルデ」で、10月29日に始動した。ERCによると、太陽光パネルの利用によりマニラ首都圏より電気料金が低く抑えられ、温室効果ガスを大幅に削減できるという。

ネット・メータリング制度は、消費者が自ら再生可能エネルギーなどを発電し、余剰電力を販売できる制度。エネルギー省が進める電力業界のスマートグリッド(次世代送電網)整備の一環となる。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 電力・ガス・水道

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:フィリピンの景色を思い…(04/12)

外出制限、1段階引き下げ 首都圏と周辺州、感染拡大でも(04/12)

地方の外出制限、複数地域で厳格措置延長(04/12)

新型コロナ、新たに1万1681人感染(04/12)

変異ウイルス、新たに382人感染(04/12)

大統領報道官、コロナ再感染で入院(04/12)

中国製ワクチン、追加で50万回分到着(04/12)

60歳未満への接種中断、アストラ製ワクチン(04/12)

20年GDP、9.6%減に下方修正(04/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン