• 印刷する

東芝エネ、水素電力システムを海外初納入

東芝エネルギーシステムズが海外で初めて納入した自立型水素エネルギー供給システムH2One(同社提供)

東芝エネルギーシステムズが海外で初めて納入した自立型水素エネルギー供給システムH2One(同社提供)

東芝エネルギーシステムズは30日、電力・ガスの供給などを手掛けるシンガポール政府系企業SPグループの子会社に、自立型水素エネルギー供給システム「H2One」を納入したと発表した。海外で納入するのは初めて。他国展開の足掛かりとする考えだ。

SPグループ傘下のSPキャピタルに納品した。今月から稼働している。H2Oneの稼働台数は国内外合わせ12台になった。

H2Oneは、水素を製造する水電解装置、水素貯蔵タンク、純水素燃料電池、蓄電池などから成る。発電状況や電気使用量、水素の製造・貯蔵量を自動制御するエネルギーマネジメントシステムも備える。

電力を水素に変換して貯蔵することで、電力を安定的に供給できるため、再生可能エネルギーを効率的に利用するのに重要な役割を果たせるという。

SPキャピタルに納品したのは20フィートコンテナサイズのワンコンテナモデルで、燃料電池の定格出力は3.5キロワット(kW)、蓄電池は10kW。受注額は非公表だ。

SPキャピタルはH2Oneを活用し、シンガポールの電力系統運用に対する水素エネルギーの有効性を検証する。

東芝エネルギーシステムズの広報、高瀬悠氏はNNAの取材に対し「インドネシアやフィリピンでも、電力会社などとH2One導入の話を進めている」と明かした。


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 電機電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シンガポールの名物料理…(12/16)

航空産業集積や法整備で優位性 ビジネスジェットで存在感(下)(12/16)

グラブ、現代自と提携で来年からEV配車(12/16)

リーガル不動産、海外初拠点設立へ(12/16)

独系出前アプリが韓国1位買収、アジア攻略(12/16)

百貨店メトロ、インドネシア合弁から撤退(12/16)

投資公社GIC、欧州の物流不動産28軒を買収(12/16)

低硫黄船舶燃料の販売急増、規制強化控え(12/16)

新規車両登録、4カ月連続マイナス成長(12/16)

公共部門のデータ保護規制、民間と同水準へ(12/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン