• 印刷する

ショッピングモールが集客苦戦、過当競争で

マレーシアでショッピングモールが集客に苦戦しているようだ。過当競争になっていることなどが原因で、全国の複合商業施設の空き店舗面積は6月末時点で331万平方メートルとなった。英系不動産サービス、サヴィルズ・マレーシアは「客足が伸びているのは一部のモールだけ」と指摘する。29日付マレーシアン・リザーブが伝えた。

マレーシアではここ10年ほど、首都圏クランバレーを中心に不動産開発会社がコンドミニアムやサービスアパートと合わせてショッピングモールを開発するケースが増えている。一方で、電子商取引(EC)ブームに伴い、実店舗への客足は減りつつある。

サヴィルズのムルリ・メノン小売りサービス担当部長は、モールの業績は立地、アクセスのしやすさ、規模、テナントの組み合わせに大きく左右されると説明。「商圏に比べ規模が大きすぎるモールがある。集客不足のモールは平日だけや週末だけの営業を強いられている」と指摘した。同氏は「不動産開発会社は、モールを計画する際に商圏を正しく認識する必要がある」との見解を示した。

財務省傘下の国家不動産情報センター(NAPIC)によると、国内の複合商業施設の総面積は6月末時点で1,625万平方メートル。上半期(1~6月)にはジョホール州を中心に12カ所の複合商業施設が新たに完成し、市場に計35万2,183平方メートルの小売りスペースが供給された。入居率は79.7%となり、前年同期の79.9%から0.2ポイント低下した。

建設中のモールは42カ所で、今後新たに147万平方メートルの小売りスペースが供給されるほか、計画中も27カ所あり、さらに104万平方メートルが増える見通しという。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 建設・不動産小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:お世辞にも手続きが迅速…(12/16)

プロトン、SUVの生産開始 12億リンギで吉利車用に工場拡張(12/16)

英業達がマレーシアに新工場、20年2Q出荷(12/16)

国家自動車政策の発表は来年初頭に、貿産相(12/16)

食品卸の加藤産業、マ同業買収(12/16)

トランスコスモス、化粧品「江原道」販売(12/16)

RHB損保売却、東京海上との交渉打ち切り(12/16)

RM1=26.5円、$1=4.14RM(13日)(12/16)

製造業で4件、計54億リンギの投資承認(12/16)

地場保険会社、2カ国でインシュアテック(12/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン