• 印刷する

ビームスが期間限定店、東南アジア展開にらみ

ビームスが出店している高島屋ショッピングセンター内のポップアップストア(同社提供)

ビームスが出店している高島屋ショッピングセンター内のポップアップストア(同社提供)

カジュアル衣料などを販売するセレクトショップ運営大手ビームス(東京都渋谷区)が、シンガポールでポップアップストア(期間限定店舗)を出店している。海外戦略の一環で、東南アジアでの事業展開の足掛かりとする考えだ。

出店先は、ニューコロニアルスタイルをコンセプトとするシンガポール発の新ブランド「コロニークロージング」のセレクトショップと、繁華街オーチャードの高島屋ショッピングセンター。海外のポップアップストアでは、過去最大数のレーベルが参加する。

中心部クラークキーに近い商業施設UEスクエアに入居するコロニークロージングでは、ビームスとサボタージュがコラボレートしたカスタムスニーカー、アロハシャツなど特別アイテムを販売。高島屋ではセレクションのテーマを変更していき、多様な商品を提供する。

出店期間はコロニークロージングが2019年10月18日~20年1月17日、高島屋の店舗が19年10月16日~12月6日だ。

ビームスは今回の出店を通じ、成長著しい東南アジアでセレクトショップという日本独自のビジネスモデルの輸出の可能性を探る。シンガポールは先進国で、若者のファッション文化が育ちつつあるため、店舗設置に向けた検証を実施する。


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

コロナで4人目の死者、インドネシア人(11:42)

テイクオフ:10年以上前にシンガポ…(04/02)

共用オフィス、利用者が増加 新型コロナ下のテレワーク推奨で(04/02)

入国拒否73カ国・地域、全入国者に待機要請(04/02)

企業救済に新法案、契約不履行に公的猶予(04/02)

医療従事者も感染、計1000人(1日)(04/02)

東部スーパーで感染者、3日間閉店(04/02)

個人消費に陰り、2月の個人向け融資減少(04/02)

19年の駐在員家賃1%増、5年ぶり前年超え(04/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン