• 印刷する

労使関連法の改正案提出、経営者連盟が不満

マレーシア経営者連盟(MEF)は23日、労使関係法(IRA)改正案が連邦議会下院の第1読会に提出されたことについて、事前に関係者への諮問などが全くなかったことを批判した。24日付スターが伝えた。

MEFのアズマン・シャー・シャロン会長は、M・クラセガラン人的資源相が独断でIRA改正法案を議会に提出したことは、MEFやマレーシア労働組合会議(MTUC)が加盟する人的資源省傘下の国家労働諮問評議会(NLAC)の存在を無視した行為と指摘。企業の事業運営コストや労使関係の今後に深刻な影響を与えるとの懸念を示した。

アズマン会長はまた、政府が2020年度国家予算案で、来年から都市部の最低賃金を月額1,200リンギ(約3万1,140円)に引き上げることに言及。賃上げはリム・グアンエン財務相の個人的な判断を優先したもので、国家賃金諮問評議会(NWCC)の提言や見解を無視していると批判した。

2011年NWCC法の規定によると、最低賃金の見直しは2年に1回。政府は現行の1,100リンギに設定してから1年で100リンギの引き上げを決定した。

アズマン会長は、労働関連法の改正に伴い、出産休暇の日数を現行の60日間から90日間に延長することや、1955年雇用法に規定された労働時間制度の月給適用基準を2,000リンギ未満から4,000リンギ未満に引き上げる案などは慎重に検討すべきと訴えた。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

ペトロナス株取得、サラワク州が検討姿勢(11:52)

外国産「和牛」とすみ分けへ 日本産認定に加えQRコード導入(12/13)

全教研がプログラミングの教育センター設立(12/13)

RM1=26.1円、$1=4.16RM(12日)(12/13)

日本の40社が来年に業界参入へ、ハラル公社(12/13)

鉱工業生産指数、10月上昇率0.3%に減速(12/13)

製造業売上高、10月は2.2%増の746億リンギ(12/13)

サラワク州の小規模電力網、韓国企業と提携(12/13)

ランカウイ島へ海底送電線、国営電力が敷設(12/13)

メルセデス、SUV新モデルで販売増に期待(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン