• 印刷する

カビテ―ラグナ高速、30日に一部開通

フィリピン公共事業道路省は22日、カビテ―ラグナ高速道路(CALAX)が30日に一部開通すると明らかにした。開通するのは、ラグナ州マンプラサンとサンタロサ―タガイタイ・インターチェンジ間の7.4キロメートルとなる。

同区間の所要時間は車で約10分となり、開通前の約45分から大幅に短縮される。1日当たり1万台の通行を見込んでいる。開通から数カ月間は通行料が免除される。

CALAXの総延長は45.3キロ。完成後は、マンプラサン―カビテ州カウィット間の所要時間が約45分~1時間に縮まり、車両通行量は同5万台になる見込み。全区間のうち90%の工事が完了しており、2022年6月までに全区間の開通を目指す。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 自動車・二輪車建設・不動産運輸

その他記事

すべての文頭を開く

電力設備ペステック、比で変電所工事を受注(17:24)

テイクオフ:自宅前で流れてくる歌声…(12/16)

双日車販社に地場財閥出資 ユチェンコ、吉利ブランド浸透へ(12/16)

英業達がマレーシアに新工場、20年2Q出荷(12/16)

大統領、違憲の予算項目に拒否権発動も(12/16)

21年度予算は過去最高に、4.6兆ペソ規模(12/16)

三国東洋の日立ターミナル買収、競争委が承認(12/16)

マカティ地下鉄、モノレールと接続へ(12/16)

民放ABS―CBN、米で著作権侵害訴訟(12/16)

電子製品の輸出、20年も低成長に(12/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン