• 印刷する

韓国の子ども服ブランド、日本進出を検討

ベビー・子ども服の韓国トップブランド「moimoln」を展開するハンセドリームが、日本市場への進出を準備していることが22日分かった。

当初は、年内に日本法人の設立を終えて早ければ来年初めにも日本1号店を出店する計画だったが、日本の対韓輸出管理強化に端を発する日韓関係の悪化を受けて白紙化した経緯がある。同社広報担当者はNNAの取材に対し、「世論を見極めて、良いタイミングで進出したい」と話した。

ハンセドリームは、アパレルのハンセ実業やインターネット通販サイトのイエス24などと同じく、ハンセイエス24ホールディングスの子会社だ。2014年に韓国と中国で同時にmoimolnを立ち上げ、現在韓国で232店、中国で225店を展開している。


関連国・地域: 韓国日本
関連業種: 繊維

その他記事

すべての文頭を開く

双日など日本連合、通信網受注 70億円、華為・KT連合に競り勝つ(11/22)

「国産化」リスクの声高まる 国際貿易のメリット生かせず(11/22)

社会混乱、7割が業務に影響 NNA調査、事業撤退へ懸念も(11/22)

9月末の家計負債、過去最大も増加幅は縮小(11/22)

現代自、米で次世代SUVコンセプト発表(11/22)

〔政治スポットライト〕豪NZ外相、G20名古屋外相会合に出席(11/22)

韓進グループの趙会長「航空事業に注力」(11/22)

ウィニア大宇、メキシコ売上高が過去最高(11/22)

SKエナジー、貨物車休憩所に太陽光発電設備(11/22)

LS電線がエジプト進出、電力ケーブル生産(11/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン