• 印刷する

発電所建設計画、太陽光が石炭火力上回る

フィリピンエネルギー省の最新統計によると、計画中の発電所建設プロジェクトに占める太陽光発電の割合が17.9%となり、石炭火力発電の17.15%を上回ったことが分かった。ビジネスワールドが伝えた。

同省への申請に基づくと、8月までに計画表明があったプロジェクトの合計出力6,338万3,600キロワット(kW)のうち、再生可能エネルギー(地熱、水力、バイオマス、太陽光、風力)は2,087万6,400kW(32%)を占めた。

同省関係者は、太陽光発電プロジェクトの申請が増えていることについて、直接のコメントは避けたが、再生エネの普及に向けた新たなルールが奏功したと指摘する声もある。

エネ省のフエンテベラ次官は今月、太陽光発電所の建設時期を早めるため、屋根や水域の占有権さえ取得すれば、直ちに太陽光発電設備の着工を認めると表明していた。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ感染新たに1531人、累計4万336人(07/03)

比商議所、ビジネス目的の往来再開を要請(07/03)

下期景気、4割が上向き予想 日系企業、制限緩和で底打ち期待(07/03)

MRT3号線、改修作業の90人コロナ陽性(07/03)

コロナ感染新たに294人、累計3万8805人(07/03)

旧式ジプニー6千台、3日から運行再開(07/03)

首都圏などの制限緩和を要請、経済区庁(07/03)

マニラ空港、渡航制限で経営難も=上院議員(07/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン