• 印刷する

発電所建設計画、太陽光が石炭火力上回る

フィリピンエネルギー省の最新統計によると、計画中の発電所建設プロジェクトに占める太陽光発電の割合が17.9%となり、石炭火力発電の17.15%を上回ったことが分かった。ビジネスワールドが伝えた。

同省への申請に基づくと、8月までに計画表明があったプロジェクトの合計出力6,338万3,600キロワット(kW)のうち、再生可能エネルギー(地熱、水力、バイオマス、太陽光、風力)は2,087万6,400kW(32%)を占めた。

同省関係者は、太陽光発電プロジェクトの申請が増えていることについて、直接のコメントは避けたが、再生エネの普及に向けた新たなルールが奏功したと指摘する声もある。

エネ省のフエンテベラ次官は今月、太陽光発電所の建設時期を早めるため、屋根や水域の占有権さえ取得すれば、直ちに太陽光発電設備の着工を認めると表明していた。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ、新たに8571人感染(20:22)

テイクオフ:多くの人が身構えたに違…(04/13)

企業活動、職場5割で容認 商業施設も営業、厳格措置の指針(04/13)

新型コロナ、新たに1万1378人感染(04/13)

2.6万人失業、厳格な外出制限下で(04/13)

首都圏の接触者追跡要員、1.4万人に増員(04/13)

企業優遇法、優先産業を近く選定(04/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン