ボゴール山間地が対面通行に、渋滞緩和へ

インドネシア運輸省所管のジャカルタ首都圏交通機構(BPTJ)は21日、西ジャワ州ボゴール県の山間地のプンチャック方面に向かうラヤ・プンチャック道で、道路の中央をカラーコンで仕切り対面通行を可能にする走行試験を実施する。これまでは、時間ごとに一方通行制を取っていた…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

貿易協定、5年で13件の批准目指す=貿易相(13:15)

テイクオフ:なかなか終わらない引っ…(11/14)

10月の日系自動車販売13%減 首都の名義変更税引き上げを懸念(11/14)

メダン市警察本部で自爆テロ、6人負傷(11/14)

シノケン、大学と日本語研修で介護人材確保(11/14)

過積載トラック、21年に国道でも通行禁止へ(11/14)

10月セメント国内販売、前年同月比2%増(11/14)

ニッケルの国内供給価格に上下限を設定(11/14)

食用油の年間消費量、100万トン超える(11/14)

国営石油、27年までにユーロ2燃油生産中止(11/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン