• 印刷する

イケア、ジョ州のSC開発に3億リンギ投資

スウェーデン系家具量販大手のイケアは、年内にマレーシア事業の拡張に3億リンギ(約78億円)を投資する計画だ。ジョホール州ジョホールバルで建設中の、イケアの店舗を核とするショッピングセンター(SC)に充てる。21日付スターが伝えた。

イケアの東南アジア広報部門を統括するコリナ・シューラー氏によると、テブラウにある東南アジア最大級の店舗に隣接して「トッペン・ショッピング・センター」を建設中で、年内に開業する予定。総賃貸面積(GLA)はイケアの店舗を合わせて11万6,849平方メートルとなる。このほか、今年3月にペナン州にオープンしたバトゥカワン店の増床部分(7,600平方メートル)も近く開業する予定だ。

イケアはまた、店舗から遠い地域に住む顧客も取り込むため、電子商取引(EC)事業にも力を入れ、マレー半島だけでなく、東マレーシアもカバーしていく。

イケアが先月発表した19年度(18年9月~19年8月)決算によると、マレーシアとタイ、シンガポールの3カ国を合わせたイケア東南アジアの売上高は37億リンギだった。うちマレーシアが15億リンギで4割を占めた。マレーシアは前年比で15%伸びた。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 食品・飲料建設・不動産小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

東南アの実質昇給率、20年は3~5%台(20:44)

テイクオフ:「これまで小切手を受け…(11/20)

国家自動車政策で官学提携 次世代技術に照準、MARii(11/20)

「マレーシアストリート」開設、東京五輪で(11/20)

長野・池田町長が日本酒の紹介イベント(11/20)

RM1=26.2円、$1=4.16RM(19日)(11/20)

香港人の物件購入、向こう6カ月で1万軒も(11/20)

ペナン州政府、工業用地の借地権延長に配慮(11/20)

SME銀、ECRL受注中小企業に融資枠(11/20)

米航空局の評価引き下げ、委員会設置で対応(11/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン