• 印刷する

ホンダ二輪現法、9月の完成車輸出3.4万台

ホンダの二輪子会社アストラ・ホンダ・モーター(AHM)は20日、同社の9月の完成車(CBU)輸出台数は3万3,974台だったと発表した。インドネシア二輪車製造業者協会(AISI)によると、同月の輸出総数は7万9,798台で、AHMが全体の42.6%を占めた。

このうち、AHMのスクーター「ビート(BeAT)」シリーズの販売台数は前年同月比42.8%増の1万4,256台だった。ビートは、2015年5月に東南アジア諸国連合(ASEAN)市場に輸出を開始、中でもフィリピンには今年に入って8万4,192台を輸出している。クルニアワティ海外事業部門ゼネラルマネジャーは「国際市場で競争力のある製品を今後も輸出していく。ビートの好調な輸出は、海外でも顧客の信頼を得ている証だ」と述べた。

AHMは、1~9月の累計輸出台数について、CBUが21万4,396台、完全組み立て生産(CKD)モデルが22万3,300台だったと明らかにした。CBUはフィリピンやバングラデシュ、CKDモデルは日本、タイ、ベトナム、マレーシア、カンボジアにそれぞれ輸出している。

AHMは1~9月のCBU累計輸出台数が21万4,396台だったと明らかにした(同社提供)

AHMは1~9月のCBU累計輸出台数が21万4,396台だったと明らかにした(同社提供)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

配車アプリ市場に参入相次ぐ 渋滞悪化懸念、運転手の数制限も(11/15)

現代自がEV生産、月内に契約調印=調整相(11/15)

住商系SCSK、東南ア展開で海外事業拡大(11/15)

インドモービル子会社、韓国起亜の販売開始(11/15)

地場電動スクーター、バリ島に組立工場(11/15)

インドネシアで議員と面会、野党指導者(11/15)

自動車販売速報値、10月は9.5%減の9.6万台(11/15)

ダイハツ10月小売り、前月比19%増1.6万台(11/15)

中小企業向け融資、来年から金利引き下げ(11/15)

ブカシの新総合都市に日本の「商店街」整備(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン