成長率失速は受け入れ可能 発展の「質」重視、発改委が強調

中国マクロ経済の司令塔である国家発展改革委員会(発改委)は21日、四半期ベースで過去最低となった第3四半期(7~9月)の国内総生産(GDP)成長率について「発展の質が向上していれば経済成長率が少しくらい高くても、低くても受容できる」との見方を示した。足元の経済情…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ラオス航空、ビエンチャンーハノイ路線再開(07/17)

米制裁、経済の影響限定的か 専門家指摘、ペッグ制に言及なく(07/17)

4~6月GDP3.2%増 プラスに転換、上半期は1.6%減(07/17)

6月の主要経済指標、工業3カ月連続プラス(07/17)

設備稼働率、2Qは74.4%に上昇(07/17)

検疫免除の健康コード、感染収束後に先送り(07/17)

海外からの対中投資、1~6月は1.3%減(07/17)

中国乗用車2社、新モデル相次ぎ投入(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン