成長率失速は受け入れ可能 発展の「質」重視、発改委が強調

中国マクロ経済の司令塔である国家発展改革委員会(発改委)は21日、四半期ベースで過去最低となった第3四半期(7~9月)の国内総生産(GDP)成長率について「発展の質が向上していれば経済成長率が少しくらい高くても、低くても受容できる」との見方を示した。足元の経済情…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

中国非鉄業界の一帯一路、採算性に課題(16:06)

固定資産投資、過去最低を更新 1~10月5.2%増、工業消費も低調(11/15)

華為締め出しか、表記巡りNCCが新方針(11/15)

タイ海運大手、カンボジアと広東省を接続(11/15)

一部インフラ事業の投資条件、国務院が緩和(11/15)

鴻海、5年内に粗利益率10%目指す(11/15)

住商系SCSK、東南ア展開で海外事業拡大(11/15)

「1秒でも早く」、香港から多数学生が退避(11/15)

米中は追加関税撤廃を協議中、商務省が表明(11/15)

中国企業の海外投資、1~10月は5.9%増(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン