税制改革で投資見直し 外資2社が示唆、コスト増懸念

フィリピン財務省が進める包括的税制改革(CTRP)第2弾に対し、外資大手企業が異議を唱え始めた。独ルフトハンザ・テクニックが撤退を示唆したほか、インドのITサービス大手ウィプロが同国での拡張計画を保留するとの意向を示した。税制優遇措置の撤廃が盛り込まれ、コスト…

関連国・地域: フィリピンインド欧州
関連業種: その他製造運輸IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:隣で商業施設を建設中の…(11/20)

通信2社の5G投資低調 対応端末など課題、4Gに注力(11/20)

ペトログリーン、パラワンで風力発電事業(11/20)

メラルコの電力供給契約延長、当局が却下(11/20)

東元、比で中国企業と電動三輪の合弁会社(11/20)

ICTSI、イロイロ港開発計画が前進(11/20)

スービック湾開発庁、自由港の橋建設開始(11/20)

キャセイランド、カビテ軽工業団地を拡張(11/20)

独アウディ、20年の販売目標は1000台(11/20)

財閥SM、国内初のスマート駐車場を新設(11/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン