中国化進む全国送電社 安全保障にリスク、配当金も滞納

フィリピンで送電事業を手掛ける民間企業、フィリピン全国送電社(NGCP)の中国化が進んでいる。中国企業が長年にわたり40%を出資し、設備や運営は全て中国語で管理されるようになった。フィリピン人の手で問題解決ができない状況に陥り、安全保障へのリスクが高まっている。…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

コロナ感染新たに714人、累計2万1340人(20:56)

FDI認可、コロナで36%減 1~3月、8四半期ぶり低水準(06/05)

21年度予算はコロナ対策重点、9%成長も(06/05)

コロナ感染新たに634人、累計2万382人(06/05)

外出制限の緩和拡大地域、基準修正で厳格に(06/05)

(表)ASEANの日系自動車メーカー稼働状況(6月4日)(06/05)

職場のコロナ対策指針、違反企業には罰則(06/05)

新型コロナ検査の負担軽減、健康保険公社(06/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン