• 印刷する

テイクオフ:「われわれの国は通常、…

「われわれの国は通常、貿易に政治問題を持ち込まない」。先々週の本欄でそう書いたが、インドはどうやら、自国の損失につながるとしても、貿易相手国のインドに対する批判的な行動を受け入れるつもりはないようだ。

北部カシミールでの行動についてインドを批判した東南アジアの指導者への抗議として、インド政府がマレーシアに対し、いくつかの製品の輸入制限を検討している可能性があることが明らかになった。

マレーシアのマハティール首相が、ニューヨークで開かれた国連総会でインドがジャム・カシミールを「侵害し、占領した」と述べ、問題解決のためパキスタンと協力するよう求めたことについて、インド政府はかなり怒っているようだ。業界関係者によると、インドの輸入業者や精製業者はパーム油の仕入れ先をマレーシアからインドネシアに移しているという。(虎)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

技術者1万人雇用で事業強化 テクノプロ、高まる人材需要に対応(11/22)

社会混乱、7割が業務に影響 NNA調査、事業撤退へ懸念も(11/22)

タタコンサル、R&Dで米クアルコムと連携(11/22)

通信各社の未払金、一部に2年間の猶予(11/22)

インド、商工会議所の開設を検討(11/22)

中国二輪の春風、インドで初のショールーム(11/22)

アポロタイヤ、設備投資予定額を大幅に縮小(11/22)

電気バスの応札価格、支払い懸念で上昇傾向(11/22)

パーム油輸入、業界が関税引き上げ要求(11/22)

労使関係法案に閣議承認、有期雇用を明確化(11/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン